症状別のアロマ活用術

  • 緊張が続くとき
  • 胃の不調
  • 頭痛
  • 冷え性
  • 脚のむくみ
  • 朝までぐっすり眠れない
  • PMS
  • ニキビや吹き出物
  • 集中力を高めたい
  • イライラするとき
  • 目の疲れ
  • 生理痛

緊張が続くとき

〜 温湿布にて 〜

【材料】タオル
【精油】ラベンダー、カモミール、オレンジ

洗面器に熱めのお湯を張り、精油を2〜3滴入れます。しっかりとタオルを浸ししぼります。首の後ろにタオルを当て、じっくりと温めていくと、高ぶった神経が緩んでいきます。

緊張が続くとき

pagetop

胃の不調

〜 ハーブティにて 〜

【材料】爽(ペパーミント、ユーカリ、マロウ等)

食べ過ぎてしまったり、胃が疲れていると感じたら、直営サロン「caon」の「爽」のハーブティを飲んでいます。粘膜の保護をしてくれる「マロウ」も入っているので、習慣で飲み続けると予防になります。

胃の不調

pagetop

頭痛

〜 芳香浴にて 〜

【材料】コップ
【精油】ペパーミント or グレープフルーツ

熱めのお湯をコップに入れ、精油を1滴入れて蒸気吸入します。香りを身体に取り込むように、ゆっくり深呼吸を続けると少しずつ和らいできます。

頭痛

pagetop

冷え性

〜 アロマバス 〜

【材料】天然塩
【精油】ローズマリー、ラベンダー

大さじ2杯位の天然塩に精油を2滴ずつ入れて良くかき混ぜます。寒い時期はもちろん一年中冷え対策としてお風呂に入れて、身体の血行を促して温めるようにしています。

冷え性

pagetop

脚のむくみ

〜 マッサージオイル 〜

【材料】ホホバオイル
【精油】ジュニパー、サイプレス

5ml位のホホバオイルに精油を1滴ずつ加えます。足首からひざに向かって更にひざから太ももの付け根に向かって流すようにマッサージしていきます。疲れをため込まないように、夜寝る前の日課としてむくみのケアをしています。

脚のむくみ

pagetop

朝までぐっすり眠れない

〜 芳香浴 〜

【材料】アロマライト または ティッシュペーパー
【精油】オレンジ、プチグレン

アロマライトの場合は精油を2滴ずつ位、ティッシュペーパーの場合は1滴ずつたらして、枕元等に置きます。深呼吸をしていると気持が落ち着いてくるので自然と眠りにつくことができます。上記以外にもお好みの精油をプラスしても良いと思います。

朝までぐっすり眠れない

pagetop

PMS

〜 アロママッサージ 〜

【材料】ホホバオイル
【精油】ゼラニウム、クラリセージ、オレンジ等

精油が生理前のイライラや痛みを緩和させてくれます。ホホバオイルにブレンドしておなかを時計回りにゆっくりとマッサージします。身体が温まった入浴後などに行なうのがおすすめです。生理前の不調を和らげ、快適に過ごせます。

PMS

pagetop

ニキビや吹き出物

〜 アロマスチーム 〜

【材料】ラベンダーウォーター
【精油】ラベンダー or カモミール

熱めのお湯に精油を2〜3滴たらします。タオルを頭からかぶり、お顔に蒸気をあてます。ニキビの炎症をおさえて治りを早めてくれます。ラベンダーのフローラルウォーターでコットンパックもおすすめです。

ニキビや吹き出物

pagetop

集中力を高めたい

〜 芳香浴 〜

【材料】ハンカチ or ティッシュペーパー
【精油】ローズマリー、レモン

ハンカチまたはティッシュペーパーに精油を1〜2滴たらします。鼻を近づけて深呼吸して香りを吸い込むことによって、簡単に頭がリフレッシュできるのでお試し下さい。

集中力を高めたい

pagetop

イライラするとき

〜 アロマバス 〜

【精油】ラベンダー、ゼラニウム

浴槽にぬるめのお湯を入れ、精油3〜5滴を加えます。好きな香りに包まれるだけで心身の疲れがほぐれて穏やかな気持ちになれます。

イライラするとき

pagetop

目の疲れ

〜 温湿布にて 〜

【材料】タオル、洗面器
【精油】ラベンダー、ローズマリー

洗面器に熱湯を入れ、精油1〜2滴を加えます。たたんだタオルを浸し、しぼったあとに目元にのせます。(10分程度)目元をじんわり温める事によりリラックスしながら疲れをほぐす事ができます。

目の疲れ

pagetop

生理痛

〜 マッサージ 〜

【材料】キャリアオイル
【精油】ラベンダー、サイプレス、ゼラニウム

生理痛に効くツボ「三陰交」を刺激します。内くるぶしから指3本分あがった所をゆっくりと押してみましょう。ゆっくりとお風呂につかり身体が充分に温まった後オイルを付けて行なうと痛みが軽減されます。

生理痛

pagetop